弁護士費用

弁護士費用の種類

弁護士費用には、以下のようなものがあります。

【着手金】

 弁護士に事件を依頼した段階でお支払いいただく費用です。

【報酬金】

 事件が成功に終わった場合にお支払いいただく成功報酬です。

【実費、日当】

 事件処理のために実際に出費したもので、裁判所に収める印紙代・予納郵券代や
 記録謄写費用などがあります。
 出張が必要で、日当、交通費、宿泊費がかかる場合があります。

法律相談料

 法律相談の際にお支払いいただく費用です。

【顧問料】

 企業や個人の皆様と、顧問契約をして継続的に提供する一定の法律事務に対して
 お支払いただく費用です。

着手金、報酬金などの目安

着手金、報酬金などにつきましては、ご依頼いただく事件の内容により異なります。
ご依頼を受ける前に、きちんとご説明させていただきますが、以下、目安(税込)を示します。


遺言書作成

  作成料10万8,000円~
  ※内容に応じて、協議の上、決定いたします。

遺産分割(相続)

  着手金 遺産分割の対象となる相続分の価額の10.8%~
  報酬金 遺産分割により取得した相続分の価額の10.8%~
  ※内容に応じて、協議の上、決定いたします。

任意整理

  着手金 債権者1社につき2万1,600円
  報酬金 ご依頼時の残債務額から減額できた金額の10.8%
                過払金の返還を受けた場合には、返還額の21.6%
  ※訴訟となった場合には、別途費用が必要となります。

自己破産

  着手金 32万4,000円~
  ※報酬金はありません。
    事案により増額いたします。
    別途、裁判所に納める費用(予納金)が必要な場合があります。

個人再生

   着手金 37万8,000円~
  ※報酬金はありません。
   事案により、増額いたします。

交通事故

  着手金 10万8,000円~
  報酬金 ご依頼時の保険会社の提示額からの増額分の10.8%~
  ※内容に応じて、協議の上、決定いたします。

離婚

  着手金 32万4,000円~
  報酬金 32万4,000円~
  ※財産分与、慰謝料など金銭請求の額に応じて異なります。
    内容に応じて、協議の上、決定いたします。

 

【その他、訴訟事件など】

  請求する債権額や事件の対象となる不動産の価額など経済的利益の額に応じて着手金、
  報酬金が異なります。

 

事件の経済的利益の額    
300万円以下の場合  着手金8.64%  報酬金17.28%
300万円を超え3,000万円以下の場合 着手金5.4%+9万7,200円 報酬金10.8%+19万4,400円
3,000万円を超え3億円以下の場合 着手金3.24%+74万5,200円 報酬金6.48%+149万0,400円
3億円を超える場合 着手金2.16%+398万5,200円 報酬金4.32%+797万0,400円

 ※着手金、報酬金の最低額は10万8,000円となります。
  事件の内容により、協議の上、増減額させていただきます。
All Copyrights Kaiden Law Office